トップページ > 政策

政策

次の世代への責任を強く意識し、子供達の世代へ責任ある政治が行われなければなりません。
子供達へツケを回さぬよう財政再建路線は堅持し、不断の行財政改革を行う所存です。

日本の抱える多くの問題の根本には、教育の問題があります。
規範形成教育(人格教養教育)を行い、教育から日本をよくする活動をしなければなりません。

3.11の教訓、そして大塚三業通りの局地的な豪雨による災害などを経験し、改めて防災対策は政治が行うべき大切な政策であると心に刻みました。
安全で安心して住める街づくりを行うため、防災や環境への対策にはこれからも力を入れていきます。

地域に入って活動をするようになり、様々な魅力を内包する豊島区の強みを支えているのは、地域の方々だということを改めて実感しています。
地域経済の活性化と地域コミュニティの再構築(生活)は重点的に行う所存です。

このような政策を実現した先には、区民が愛着を持って安心して住める街ができ、感謝の人間関係で成り立つ笑顔あふれる世の中があります
その実現のために、これからも皆様と一緒に動いていきます!

教育

写真 私は日本が抱える多くの問題の根本には教育の問題があると考えております。

今の日本の状態は「無規範社会」である、と言っても過言ではありません。
規範とは適切な判断に不可欠な基準のことです。一人一人が違うものさしを持っていては社会の秩序が保たれませんから、人間としての規範が社会的に共有されていなければなりません。
「道徳無き経済は罪悪であり、経済無き道徳は寝言である」(二宮尊徳)と言います。

『教育』の続きを読む

防災/環境

写真 全国一の超過密都市である豊島区は、都市型問題の課題先進都市であると言えます。
そうした豊島区において、30年以内に70%の確率で起きると言われている「首都圏直下型地震」への備えは喫緊の課題です。
無電柱化の推進、木密地域不燃化10年プロジェクト、特定整備路線の整備や沿道のまちづくり、帰宅困難者対策、災害時の情報発信手段の充実など、いざという時の備えを充実させる必要があります。
また、地震だけではなく、昨今は気候変動やヒートアイランド現象の影響とみられる局地的な豪雨(いわゆるゲリラ豪雨)が頻発しています。このような都市部特有の課題についても対策を施し、災害に強く安心して住める豊島区の実現に努めます。

『防災/環境』の続きを読む

地域経済/生活

写真 地域経済の活性化なくして、豊島区のさらなる発展はありません。
私は外部の資本や大型店の誘致に頼るのではなく、商店街の振興や商店街同士の連携を密にし、地元で商売をする方々を主体とした地域活性化を実現したいと考えております。
その一環として、地元の大塚三業通り商店街の立ち上げに関わってきました。

『地域経済/生活』の続きを読む