トップページ政策 > 教育

教育

私は日本が抱える多くの問題の根本には教育の問題があると考えております。

今の日本の状態は「無規範社会」である、と言っても過言ではありません。
規範とは適切な判断に不可欠な基準のことです。一人一人が違うものさしを持っていては社会の秩序が保たれませんから、人間としての規範が社会的に共有されていなければなりません。
「道徳無き経済は罪悪であり、経済無き道徳は寝言である」(二宮尊徳)と言います。
技術や知識だけを会得するのではなく、江戸期には行われていた人格教養を育んでいく教育を並行していかねばなりません。
人生は判断の連続です。その物事の判断基準こそが、人格教養に裏づけられた規範なのです。
「無規範社会」から脱却するために、知識・技術の教育だけではなく、しっかりとした人格形成ができる教育、すなわち人格教養教育と両立する必要があります。

この事は教育基本法第一条「教育の目的」にも示されています。
「教育は、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を期して行われなければならない。」
これまでも人格の完成を目指す教育の必要性は認識されていたのですが、どのように人格の完成を目指していくのかが明確ではありませんでした。
法の「教育の目的」の達成に向けた教育を展開する必要があります。

また、子供達の教育においては、自己肯定感が低い子には自己肯定感を高める対応、家庭環境が厳しい子には支援を行う、などの前さばきも必要です。
さらに、正しい判断基準を持つことができた子には、志を育み、自分の人生の目標を設定できるようにして欲しいです。

佐藤一斎の言志四録に
「一燈を提げて暗夜を行く。 暗夜を憂うること勿れ、只一燈を頼め。」
という言葉があります。
人生はこの先に何が起こるか分からない暗夜を行くようなものです。
その時に自分の信じる「一燈」を頼み、恐れずに前に進む。
この頼むべき「一燈」こそが、その人の人生の目標であり、信念です。
正しい判断基準を持ち、頼むべき「一燈」を持てるようにすること。
これが教育で果たせれば、自立した社会人を世の中に送り出せることになるのではないでしょうか。

このような教育を行い、個人としては愉快な人生を送れるように、全体としては立派な人材を輩出していけるようにする所存です。

人格教養教育

写真 人格教養教育を行うことで、他人とは「感謝の人間関係」を築き、正しい判断基準を身に付けることを目指します。
区においては、教員に対する人事権などがありませんが、区の教育委員会単位や個々の学校でできることは沢山あります。
地域の独自性を活用した規範形成教育の実施を目指します。

人格教養教育

公教育の充実による教育機会の機会均等化

写真 教育基本法第四条にある通り、教育の機会平等は図られなければなりません。
必ずしも断定できませんが、親の年収格差と子供の学力が比例する傾向にあるという研究結果があるなど、家庭環境が子供の学力や学ぶ意欲に与える影響はあると思われます。
公教育の質を高めることが、家庭環境が与える影響を和らげることに繋がると考えています。そのためには、現場の先生が子供達と向き合える時間を増やさねばなりません。
学力の結果平等を求めることはできませんが、学ぶ意欲のある子供には支援をすべきです。

公教育の充実による教育機会の機会均等化

指導者に対する運動指導方法の研修を導入

写真 幼稚園や保育園、小学校、特別支援学級などで運動指導を行う可能性のある教員や保育士等に対し、専門家による運動指導方法の研修を導入することを、豊島区へ提案し、一部が今年度から始まっています。
子供達の運動能力の低下が指摘されて久しい中、これまでは有効な手立てを打ててこなかったという問題がありました。
現場での運動指導能力の向上を通じて子供達に必要な運動能力を獲得させ、子供達の体力と集中力の向上を目指します。

指導者に対する運動指導方法の研修を導入