子供たちの世代へ
責任ある政治を果たすための

「防災・治安・環境政策」

「教育政策」

「福祉・子育て支援政策」

「地域活性化・地域経済政策」

豊島区南大塚出身。3児の父。

巣鴨小学校OB。40歳。

安全で安心して住めるまちづくりに向け、防災・治安・環境対策へ力を入れます ・ゲリラ豪雨対策の推進 ・繁華街の治安対策の充実 ・無電柱化の推進
・災害時の対策(救援センター機能充実、情報発信手段の充実など) ・防犯カメラの更なる設置推進

教育環境を整え、子供たちの生きる力を育みます ・コミュニティスクール化を推進し、学校を地域に開かれた場とし、学校・家庭・地域の連携をより深めます
・道徳教育、ふるさと教育などにより郷土愛を育みます ・公教育の充実による教育機会の均等化を図ります
・教員の働き方改革や業務見直し、必要に応じた人員確保や外部委託などを行い、教員が子供に向き合える時間を増やします
・校舎や体育館などの老朽化対策、学校体育館等の冷暖房化、ICT化など設備面の充実により教育環境を整備します

子の誕生を喜び、長寿を楽しめるように生活環境を充実させます ・健康長寿を楽しめるよう介護予防、フレイル(虚弱)予防、認知症対策に力を入れます
・生活困窮者等や困難を抱える若者に対する相談窓口や自立支援策の充実を図ります
・障害者などの社会的弱者との共生を進めます ・「としまイクボス宣言」を活かし、ワークライフバランスを図ります
・妊娠から出産、子育てまで切れ目のない子供家庭支援の充実を図ります ・待機児童ゼロの継続を図ります

地域の力を引き出し、地域活性化を図ります ・町会活動への支援の強化を図ります ・商店街への支援をより充実させます ・地方との連携を図り、地方との共生を推進します
・無料wi-fiエリア拡大、キャッシュレス決済の推進で地域間の競争力を強化します
・地域包括支援センターの圏域や区政連絡会の区域見直しなど、行政と地域がより連携しやすい環境整備への提言を行います

詳細

ゲリラ豪雨対策

豪雨対策

【2016年11月3日】千川幹線流域の浸水対策整備に関する設計説明会」が28年11月29日(火)に豊成小学校で行われます。

詳細

骨髄移植ドナー支援制度

骨髄移植ドナー支援制度

私からの提案をきっかけとして、28年1月より東京23区初となるドナー及び事業者への助成制度が創設されました。
「血液のがん」ともいわれる白血病などの患者のうち、日本骨髄バンクを介した骨髄移植は年間約1,300件行われています。骨髄移植は数万通りある白血球の型であるHLA型が合わなければなりませんが、親子ではまれにしか一致せず、非血縁者間では数百から数万分の1の確率でしか一致しないため、広く一般からドナーを募る骨髄バンクが必要となります。

詳細

プロフィール

昭和53年10月19日生(40歳)。南大塚出身。
●私立巣鴨幼稚園卒園
●区立巣鴨小学校卒業
●私立法政大学第一高等学校卒業
●法政大学法学部政治学科卒業
都市政策・公共事業ゼミ(五十嵐敬喜教授)に所属
●公益法人(建設関係の専門誌調査員)に約10年勤務
●平成23年(2011年)豊島区議会議員にて初当選、27年(2015年)2期目の当選
●平成28年(2016年)12月13日、「都民ファーストの会 豊島区議団」を結成
◆所属委員会等
・子ども文教委員会
・行財政改革調査特別委員会
・豊島区消防団運営委員会
・豊島区国民保護審議会
・豊島区基本構想審議会
◆主な公職・役職
・都民ファーストの会基礎自治体連絡協議会 事務局長
・都民ファーストの会豊島総支部 事務局長
・龍馬プロジェクト全国会 政調会長
・豊島区軟式野球連盟 豊島リーグ副会長
・豊島区空手道連盟顧問
・大塚三業通り商店街 相談役
・南大塚一丁目宮若町会 広報部長、青年部
・豊島消防団第2分団団員
◆家族構成
妻、長男(平成14年)、次男(同16年)、長女(同21年)

詳細

演説動画・メディア掲載

演説中

2011年2月19日 大塚駅前
衆議院議員 小池ゆりこ氏と共に。

詳細

皆様からの応援メッセージ

応援いただいている皆様

大先輩や同志に支えられ、活動しています。

詳細

facebook

ブログ

最新情報