トップページ政策 > 地域経済/区民活動

地域経済/区民活動

地域の力を引き出し、地域活性化を図ります

地域に入って活動をするようになり、様々な魅力を内包する豊島区の強みを支えているのは、地域の方々だということを改めて実感しています。
地域経済の活性化を図り、地域の持つ力を引き出せるようにします。

政策

大塚三業通り商店街の発足

写真 平成25年(2013年)12月21日、大塚三業通り商店街の設立総会が行われ、94番目の豊島区内の商店街として産声を上げました。
商店街が発足したきっかけとなったのは、大塚駅南口に駅ビルが開業したことです。
このまま何も手を打たずにいたら、大塚三業通りが廃れていくだけだという危機感がありました。

新たな商店街を発足させることはできましたが、当然ながらこれはあくまで手段であり目的ではありません。
これからも商店街活動の支援を通じ、地元の方々との協働により、地域の活性化を図る所存です。

大塚三業通り商店街が発足するまで

キャッシュレス決済の推進

写真 アフター・ザ・シアター(観劇や映画鑑賞、音楽会などの後の余韻を楽しめる場)への取組みはインバウンド需要の取込みの有力な手段の一つですが、現状は中長期的な視点で見るべき施策です。
しかしながら、東アジア文化都市2019が開会し、ラグビーワールドカップ、そして東京オリンピック・パラリンピックなどを目前に控える中、短期間で対応できるインバウンド需要の取込みも考える必要があります。

キャッシュレス決済の推進