トップページ主な活動・取組み豊島区ボランティア > 消防団

消防団

写真 私は豊島消防団第二分団の団員としての活動もしております。
消防団について、少し紹介を致します。

消防団、消防団員とは?

消防団とは平素は生業を持っている住民が、火災・風水害・震災時に消防団員となり消防活動を行う非常備の消防機関です。
消防団員は、非常勤の特別職の地方公務員です。

豊島消防団第二分団について

豊島消防署の管内は、豊島区の中央を南北に走るJR埼京線を軸にして東側の地域です。
(それ以外の豊島区の地域は池袋消防署が管轄しています。)
豊島消防団の管轄エリアは豊島消防署の管轄と同じで、7つの分団がそれぞれの地区を担っています。
そのうち、第二分団の管轄エリアは以下の通りです。
南大塚1丁目、南大塚2丁目全域
北大塚1丁目全域
巣鴨1丁目、巣鴨2丁目、巣鴨3丁目、の全域、
巣鴨4丁目1~26、28、29、32番、24番の1部、
巣鴨5丁目1~7番

年間の主な活動

写真 1月:始式 写真 5月:ポンプ操法大会 写真 10月:豊島・池袋消防団の合同点検、水防訓練、
各町会・自治会の防災訓練など(写真は防災訓練)

写真 火災や水害が起きた際には、現場へ駆けつけて消火活動(大抵は消防署員の後方支援です)や排水活動を行います。

少しでも地域のために貢献できればという思いから、このような地域の防災活動に加わっております。
また、実際に防災活動に携わっているため、地域の防災現場からの視点も区政に加えることができると考えております。

消防団員として一緒に活動をしませんか

地域の防災リーダーとして、一緒に活動をしませんか?

入団資格は、
(1)年齢18歳以上の健康な方(男女問いません)
(2)消防団区域内に居住または勤務している方

入団後の待遇は、
(1)報酬及び手当の支給
(2)公務災害補償
(3)被服の支給
(4)表彰制度
など。

お問い合わせは、最寄りの消防署・消防団本部までお願いいたします。
豊島消防署 03-3985-0119