トップページ主な活動・取組み豊島区情報の発信 そうだったのか!!『豊島区』 > 豊島区は日本一の過密都市

豊島区は日本一の過密都市

平成22年11月3日

豊島区に関して数字やデータを用いて見ていく「そうだったのか!!『豊島区』」
いよいよ今週からスタートいたします。
記念すべき第1回は、豊島区が日本一の過密都市であることについて見ていきます。
豊島区の人口密度は実は日本一なのです。皆さんご存知でしたか?

人口密度とは?

大辞泉によると、「ある地域の単位面積当たりの人口数の割合。一般に1平方キロメートル当たりの人口で表す。」とあります。
数字が大きければ過密、数字が小さければ過疎であることを示します。
人口密度は、人口(住民基本台帳人口と外国人登録者数を足した数値)を面積で割ることで求められます。

豊島区の人口密度はどのくらい?

豊島区の平成22年1月現在の人口は263,212人、面積は13.01平方キロ、人口密度は20,232人/平方キロです。
数字を見ただけでは分かりづらいので、人口密度ランキングを見たいと思います。
(平成22年1月1日現在)

順位 地域 面積
(平方キロ)
住民基本
台帳人口(A)
外国人
登録者数(B)
人口密度
(A+B)/平方キロ
1 豊島区 13.01 244,637 18,575 20,232
2 中野区 15.59 299,562 12,185 19,997
3 荒川区 10.20 186,906 15,508 19,845

平成20年1月1日現在では中野区が全国一の過密都市でしたが、平成21年からは豊島区が中野区に替わって全国一に躍り出ています。
ちなみに全国一人口密度が低い市区町村は福島県南会津郡桧枝岐村で、面積は390.5平方キロに対して人口は678人、人口密度は1.74人/平方キロです(平成22年1月1日現在)
豊島区は桧枝岐村と比較すると、実に11000倍以上の人口密度となります!

豊島区内の人口密度の分布は?

豊島区内の人口密度ランキングは以下の通りです。

人口密度が高い順(平成22年1月1日現在)

順位 地域 人口密度(人/平方キロ)
1 東池袋5丁目 29,345
2 上池袋4丁目 29,289
3 巣鴨4丁目 29,158

人口密度が低い順(平成22年1月1日現在)

順位 地域 人口密度(人/平方キロ)
1 西池袋1丁目 1,768
2 東池袋1丁目 4,440
3 目白1丁目 4,820

人口密度が高いところは、当たり前といえば当たり前ですが、いずれも住宅の密集地です。
1位の東池袋5丁目は朋友小学校や造幣局から文京区寄りに行ったところ、新大塚駅の坂の下の通りを挟んで反対側辺り…文章だと説明しづらいですね(苦笑) この辺りです
2位の上池袋4丁目は、北池袋駅(東武東上線)近くで池袋第一小学校を含む地区です。この地区はプラウドシティ上池袋(277戸)という大型マンションを抱えております。
3位の巣鴨4丁目は、都立大塚ろう学校を含む地区です。巣鴨地蔵通り商店街の庚申塚寄りの辺りと言った方が分かりやすいかもしれません。

逆に人口密度の低いところは、実際に住んでいる人は少ない地域ですが、昼間人口は多いというのが豊島区の特徴です。
1位の西池袋1丁目はJR池袋西口駅前、2位の東池袋1丁目はJR池袋東口駅前(豊島区役所、ビックカメラ、ヤマダ電機などを含むエリア)、という豊島区最大の商業地である池袋駅周辺です。
3位の目白1丁目は、学習院大学のキャンパスを含む地区です。広大な大学の敷地を含むために人口密度が低くなっております。

豊島区の人口密度のまとめ

豊島区が日本一の過密都市であるということは、集積が進んだ効率のよい都市に成り得ると言えます。
しかし、手放しで喜べることばかりでもありません。
区内で人口密度が最も高い東池袋5丁目を始めとして、古くからの住宅が密集している地区には狭隘な生活道路が多いです。
これは火災や地震などの災害時の救援活動に支障を来しかねません。
また、土地を高度利用している故に公園や緑地面積が少ないなどの問題も抱えます。
過密都市ならではの問題を克服し、豊島区が都心部でのまちづくりのモデルケースとなれるようにしたいですね!